テゲモコスファミリア  『西口ケイスケ京佑』プロ

西口京佑プロ
photo:923

ボディメンテナンスのプロフェッショナルである父と陽気で美人なラテン系ブラジリアンの母から譲り受けたルックスの良さと運動能力の高さを武器にショートボードプロサーフィンシーンで活動を重ね、本年度にはロングボードでもプロとして活動をスタートさせた西口京佑プロ。

2018年第1戦JPSAバリ・クラマスでは9位と好成績を収め、早くもシード選手に。

しかしシードとなると対戦する選手もツワモノ揃い。

バリ・クラマスでの試合以降、なかなかリズムに乗り切れず、勝利の女神にはまだ微笑んで頂けていない様だが、持ち前のキレあるスピードとパンチあるオリジナルスタイルを魅せ付けて勝利を掴む日はそう遠くはないはずだ。

スケートボードでのボウルパフォーマンスもずば抜けていて、彼のポテンシャルは計り知れない。

ルックスも然ることながら、ユニークで心優しい人柄とずば抜けた身体能力を活かして、プロサーフィンの大会はもちろんのこと、映像作品など、彼ならではの幅の広いプロフェッショナルとして今後の活躍が楽しみだ。

テゲモコスはアクティブに活躍するスペシャルな方と共に成長して参ります。

『伊東リアル李安琉』プロ、世界ジュニア4位獲得!

伊東李安琉プロ
photo:aiaiaiai.i

2018年10月に米国・カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催された『VISSLA ISAワールドジュニアサーフィンチャンピオンシップ』(ISA世界ジュニアサーフィン選手権)、『Under16 Boys』クラスにおいて、見事ファイナル進出を果たした宮崎を代表する若手筆頭プロサーファー伊東李安流プロ。

伊東李安琉プロの大会結果は惜しくも4位となったが、国別総合では見事日本チームが優勝を獲得し、次世代日本サーフィンレベルのポテンシャルの高さを世界に知らしめた。

強豪ひしめく世界戦においてファイナル進出、あっぱれ!見事な勇姿を披露してくれたことに心より敬意を払いたい。

そんな伊東李安琉プロもテゲモコスファミリーとして、日々の生活に、日頃のサーフィン前に、天然アミノ酸GAVA配合のキングスチョイスとクインズチョイスを取り入れて技に磨きをかけています。

成長盛りでもある伊東李安琉プロ。

今後の益々の活躍を期待しております。